TOPWHAT'S NEWLEATHERMANとは保障と修理お問い合わせ窓口レザーマン取扱店舗法人のお客様へカタログ

道具はこれ1本、WAVEのみ

 

 Vol.59 道具はこれ1本、WAVEのみ、日常作業にて使用レポート

 

  WAVEは、製品販売とほぼ同時に購入しました。もう何年たつのかもわかりません。色々

  な多機能ナイフを使用しましたが、WAVEは使い勝手がよく手にもなじむためにずっと使用し

 ております。WAVE購入後、アメリカ製の大機能のナイフを購入しましたが結局いつも携帯

 しているのはWAVEです。野外では通常使用しておりますが、結構室内でも使用します。

  

 ホチキスの針はずし

 プライヤーで隙間の計測

  一番良く使うプライヤーは、事務所で大型ホチキスの針はずしとして、たまにはホチキスを

 失敗した時や、コピーのため書類をバラす際に使用しております。普通のペンチより先が細

 いために便利です。

  また、プライヤー部の各部分を目安として穴の直径を計る。専用計測器の名前は分かりま

 せんが定規代わりです。金属にも書ける油性ペンで1cmと2cmのところに線を引き、隙間や

 穴の直径を計る目安としております。

 

 床のふた開け

 傷めたワイヤーカッター部

  OAフロアの開口部を開ける際も、丁度よい角度で力が入るためプライヤー部を使用します。

 閉める時は、それほど大きな力が要らないので底部で叩いてはめております。

  ワイヤーカッター部は、過信しすぎて刃を傷めました。硬めの針金と思ったのですが、ピア

 ノ線だったようです。

  マイナス・ドライバーは、一番大きいサイズをこじ開けで使いますが、あまり使用しません。

 プラスドライバーは、使用状況は多いです。精度もよく出来ております。が、壊れてしまいそ

 うな硬い状況のネジを回す場合は、無理をせず単独のドライバーを使用します。

 

ヤスリで計測

メインナイフ

  ヤスリは、良く削れます。ダイヤモンド側は、ペンで寸法を入れ定規代わりに使用してます。

 (適度にザラッとしているので記入しやすく消えない)。

  ノコギリは非常に良く切れます。作業で木や板を切ることが予想されていれば、通常のノコ

 ギリを持参しますが、木の枝が邪魔な場合など活躍します。

  メインナイフは、 刃の形がかっこういいのか、怖いのか。 魚をさばくのにはこのナイフを使

 う人は少ないだろうと思う。V社とかみたいで丸くてよいのでは。西洋ナイフを日本的に砥い

 でいます。波刃ナイフは、 当然ロープ切りに最適です。 梱包に使われているナイロン製の

 平べったいロープを切る際もザクッという感じで良く切れます。

 

 菓子袋開け

 新聞の切り抜き

  ハサミを使う作業の時は通常のハサミを使用しますが、差し入れのお菓子のビニールが開

 けづらい時に活躍。出先で新聞を買った時に一部分を保管する時にも使用しております。

  ケースは、ナイロン布製を使用しております。適度な硬さです。ベルトに付ける際、右側には

 携帯電話を下げるので左側に着用しますが、 ベルトを締めてからも着脱可能ですとベルトを

 いったん外さなくて良いです。

 

 何か道具が必要な時に他人から「ここ○○する道具を貸して」と言われ対応しますが、「たい

 ていの道具は持っている」といわれますが、WAVEを持っているだけです。借りた方も、「安物」

 とは違うとわかってくれます。  

 

 

              

© 2015 Leatherman Tool Japan LTJ. Privacy and Security.