TOPWHAT'S NEWLEATHERMANとは保障と修理お問い合わせ窓口レザーマン取扱店舗法人のお客様へカタログ

エチオピアでのボランティア活動で

 

 Vol.88 エチオピアでのボランティア活動で

 

 Ethiopia Volunteer Report
  〜エチオピアボランティア活動とレザーマン〜
2011/11/09          
Ethiopia Bahir Darにて

 はじめにエチオピアと言われてまず思いつくのは、コーヒーとアスリートでしょうか。アフリカ大陸

の東部に位置し、スーダン、ケニア、ソマリアなどの国に四方を囲まれた内陸国です。人口約83

万人、国土は日本の約3倍です。 実は首都アディスアベバにはアフリカ・EU諸国の大使館が集

まり、アフリカの外交の中心でもあります。エチオピアはいま急激な経済成長のまっただ中にいま

す。とは言うもののGNIは低く、DAC リストの援助受け取り国の最貧国に位置づけられています。
 私はこの国に2年間の予定でボランティアとして派遣されています。派遣先は地方都市バハル

ダールにある大学、工学部の電気工学科です。

 

    

Rebar 

 職場への携行品(一例)

テスター、精密ドライバ、ピンセット

Leatherman Rebar

派遣にあたり、携行品をいろいろと考えました。レザーマンは Crunch  から始まり、Skeltool  CX、

JuceCS4 を所持しています。元々こういう小物?が好きなこともあり、スイス製のArmy Knife とか

多分なじみの少ない SOG社 のマルチツールなども持っています。店頭で実物を手にしながら決

めあぐねている時、Rebar 新発売の情報をUSAのWebサイトに見つけました。 日本発売を待って

いると確実に派遣に間に合いません。海外の通販サイトから購入し、手元に届いた時には渡航前

2週間を切っていたと思います。

 

     

扉の取っ手が壊れた 

 針金で

 応急修理

 普段の生活でこれほど出番があるとは自分でも思っていませんでしたが、壊れたものを見ると

とりあえず自分でなんとかしてみようと Rebar を取出してしまうのは何の性でしょうか。。。

 

 

     

 スイッチONで弾けたランプ

 壊れたランプ

ランプの修理

 

 こちらの家具には、いたるところに鍵がついています。せっかくの鍵ですが、これまた壊れてい

ました。

   

 備え付けの家具

 壊れた鍵

   

 裏の木ねじを外し

 シリンダーを取出す

   

 中の金具が曲がっていたので

直します

 大丈夫のようです

 

 実は取り付け・取り外しに一部、別のドライバーを使っています。Rebar のマイナスドライバーが

ねじの溝に合わなかったからです。ねじの溝幅が不均一なのことも原因です。4本中1本だけ合

いませんでした。ですが、Rebar  の様なマルチツールにはいざという時の瞬発力が命だと思いま

す。工業規格が適合しない世界でも使える様なマルチな作りを目指して欲しいです。 

     

 元にもどします 

復活。

 Rebar

エチオピアの毎日

これからの2年は長いようで短いです。Rebarとともに充実した活動が送れるようにがんばります

 

 

   

© 2015 Leatherman Tool Japan LTJ. Privacy and Security.