TOPWHAT'S NEWLEATHERMANとは保障と修理お問い合わせ窓口レザーマン取扱店舗法人のお客様へカタログ

 

  新JuiceXE6を再認識のレポート

 

では、なぜ私がJuice XE6に興味を持ったのか!そのあたりからご紹介していきたいと思います。
私がレザーマンツールを購入する時の目安としてフルサイズは多機能、ミニサイズはシンプル機能&軽量と私の勝手な持論が前提にありました。

ですから、ミニサイズの Juiceに多機能全部入りJuice XE6は必要ないだろう!と考えていました。
それが今までJuice XE6に興味がなかった最大の理由でした。
あと、Juiceの最大のポイントであるアルミハンドルの、とてもオシャレできれいな外観、それが傷ついてしまうのが怖くて使うのを躊躇ってしまう… 多機能モデルJuice XE6を実用ツールとするのはもったいないのではないか。
そんな理由から、多機能全部入りJuice XE6に興味が湧かなかったのです。

しかし!外観のデザインが変わった新型が発売され、S2を購入すると、私の中のJuiceの評価はとたんにあがりました。
片側のアルミハンドルに凹凸を付ける事により、よりインパクトのあるデザインに変化し、実用上のグリップ力もUP、そして今までより傷が付きにくいそう。

そんなわくわく感もあって、自分の持っているJuiceと新型Juice XE6を使い比べをしたくなり、Juice XE6モニターに応募することにしました。

 

まずは外観からです。
旧モデルは、アルミハンドルのアルマイト処理がとてもおしゃれで美しいです。

しかし、新型はもっとおしゃれで美しさ感じます。

実用ツールなのですが、マニア心をくすぐるデザインです。

女性が携帯するのにも良いかもしれません。

 

レザーマンジュースシリーズ 

 

私の持っているJuiceとお借りしたJuice XE6比べてみました。
サイズの詳細についてはカタログを見てもらう事にして、プライヤーの握り心地は厚みのあるJuice XE6が一番良さそうです。
全部入りの恩恵がプライヤーの握り心地にも出ています。
早速、愛車の整備に使ってみる事にしました。

 

まずはプライヤーから。
サイズは小さいのですが、かなり強度は強そうです。
かなり力を加えて握っても全く問題ない様です。
次は、プラスドライバー。
短いサイズで頼り無さそうに見えますが、これもハードに使っても問題なさそうです。

 

 

 

プライヤーを使って 

プラスドライバー 

 

そしてなんと! 新たな発見が!!!
プラスドライバーに別売純正アダプターが取り付け出来る様です。
アダプターを装着する事によって様々なビットキット、エクステンションバー、ラチェットが取り付け出来るようになります。
面白がって色々取り付けてみました。
様々な利用方法が出来るのは何かあった時に便利です。

 

   

ビットドライバーEXTENDERを装着 

さらにラチェットレンチを装着

 

 

大きめのハサミ。
Juiceで一番好きなポイントです。
このハサミは、なんと、大きさはヘビーモデル、サージのハサミと同等の大きさです。もちろん切れ味は最高です!
今まで携帯していたマイクラの出番が無くなってしまいそうなくらい良い出来です。

栓抜き/コルク抜き
私は下戸なので日常であまり使う機会はないと思いますが、職場の飲み会の時に会場に栓抜きやコルク抜きの、数が少ないことがよくあります。
そんな時、さらっとあったらとても便利だと思います、何気に重要です。

 

   

 ジュースJXE6のハサミ

 サージのハサミの比較

 

ドロップポイントナイフ
旧モデルのデザインから丸くなってかわいらしく形状が変更になりました。刃渡りが短くなっても使いやすさは変わりません。良い変更ポイントだと思います。
まだまだ使いこなせていませんが、 ノコギリ・ダイヤモンド砥石付ヤスリは、私の仕事でも十分に活躍してくれるはずです。しばらくモニターを兼ねて携帯してみようと思います。

 

 新、旧ナイフの比較

 

 

 

© 2015 Leatherman Tool Japan LTJ. Privacy and Security.