TOPWHAT'S NEWLEATHERMANとは保障と修理お問い合わせ窓口レザーマン取扱店舗法人のお客様へカタログ

 

  自動車整備士の愛用のレザーマンツールのレポート 

 

私は自動車の整備を8年間、自動車の鈑金が現在6年目のキャリアです。

LEATHERMAN Tool と知り合ったのは約14年前になります。

高性能・高強度・高水準の素晴らしい Tool を世に出して頂き有り難うございます!

現在、Charge TTiと Waveと New Wave(父にプレゼント)、さらにあと2本使用させて頂いております!

要望なんですが、Freestyleに缶切り機能を付けて欲しいです!

できればビットソケット(ソケットのみで展開してビットは収納出来なくて良いです)もお願い申し上げます!

 

 

 

当時のプライヤーと現在のTTiです

 

私がLEATHERMAN TOOLと出会ったのは約14年前です。

当時、自動車整備士をしていた私はキャブレターの清掃時に行う作業にとても悩んでいました。

修理で入庫した古い車のキャブターを分解清掃するのですが、その作業とは、キャブレター本体の奥の方にあるボルトを外して内部にクリーナーを噴射する作業です。

それだけの作業でなぜ悩むかというと、ボルト周辺は奥まっていて非常に狭く、ボルトが真鍮で出来ているため、磁石に付かないのです。

当時の工具に持っていたニードルプライヤーでは先端が太かった為にプラグボルトが掴めませんでした。

諸先輩方は手持ちのラジオペンチの先端を更に細く加工し対応しておりましたですが、私は「工具を加工する」ということに抵抗があり悩んでいました。

 

 

 

  この掴み方で抜けました

 

そんな悩みを会社に出入りしていた工具屋さんに相談した所、 LEATHERMAN Waveを紹介されたのです。

今まで赤い多機能ツールナイフしか知らなかった私に衝撃と感動が走りました!
初めて見た Wave  は美しく、マルチツールにありがちな「安っぽさ」は皆無!

ガッチリ噛み合っているプライヤーの精度と強固さ、一番の希望だった先端の細さが素晴らしい!の一言でした。

無駄がなく強固でいて、なにより精度がある!さらには嫌な作業だったプラグボルトが余裕で掴めるのです!

その日から私のポケットに収まっていない日はありませんでした。

 

 

 

 WAVE & REBAR & RAPTOR

 

 

 

趣味であるサバイバルゲームにもマッチし、生活、仕事、銃の修理やアウトドア作業全般に役に立つまさに『マルチツール』です!

現在は Charge TTiに座を譲り、Waveは私のボディーアーマーに収まっています。

すっかりLeathermanの虜です。

 

モデルガン・ライフルのメンテナンス

 

 

 

恐ろしいまでの機能美、あっという間にLEATHERMAN TOOLの虜になった私は趣味であるサバイバルゲームの装備品として使うようになり、最初に購入したWaveは私の装備品に常備しております。

 

今までのナイフよりスゴイです!

S30Vブレード恐るべし!! 

 

旧Waveを遊び用にしたことで仕事&日常用に新しい NEW Waveが必要になり、ブラックモデルを即購入致しました(笑

ですが! 購入後3ヶ月もしないうちに Charge TTiを購入することになります。
その理由はなんといってもチタンハンドル&S30Vブレードです。
仕事内容で「事故車回収」に行くのですが、電柱に直撃した場合は電柱の手前にあるワイヤーが自動車のフロントバンパーに食い込みます。

Charge 購入前は2~3人でバンパーを引っ張って外していましたが、Charge 購入後では Charge のナイフでバンパーが「さっくり」切れてワイヤーからポロリとバンパーが外れ、周りが驚いていた(本人も)事が衝撃的だった為、ナイフの切れ味と耐久性に重きを置く私は即購入を決断しました。

仕事にはもちろん、緊急災害にも対処出来る頼りになる LEATHERMAN TOOL!! 大好きです!!

 

 

© 2015 Leatherman Tool Japan LTJ. Privacy and Security.