TOPWHAT'S NEWLEATHERMANとは保障と修理お問い合わせ窓口レザーマン取扱店舗法人のお客様へカタログ

 

  野原、山林、そしてアトリエでのWAVE使用レポート

 

私は個人でimomarketとして野山で植物を採取し、ビンの中で生態系を造っています。
昔からレポートや文章が苦手なので、おかしな部分があるかもしれませんがどうかご容赦下さいませ。

 

  

初めてWAVEを手に取った印象としては、新しい道具として手に取ったワクワクとずっしりと来る重みからくる重厚感が印象に残っています。
そもそも仕事内容も多岐にわたる当方としては、どんなシュチュエーションにでも対応出来るように道具はかかせません。
10回使ったら終わりのような使い捨てのような道具があまり好きじゃない私としては、このWAVEはガンガン使っても10年選手になりそうな道具の印象で、山の中で身軽に動きたい時や、特に大きな荷物を持っていけない海外での仕事には必需品になりそうです。早く海外の仕事に連れて行きたくなりました。

 

 

私は相手が自然ということもあって、職人さんのように決まった道具で何か一つの作業を続けるような仕事が少なくて、身軽に動く為に、用意する道具をなるべく少なくしたいので、出先だと道具が無くて現場で作った道具で代用するのですが、常にWAVEを持ち歩くだけで、仕事の突発的な対応がとても快適になりました!
一つ一つの機能の精度はしっかりしていると思います。もっと華奢かと思っていましたが力を加えても頑丈です。

 

今は常に鍵と同じ場所に置いてあり、使用する際には必ず連れて行くので、今後もじっくりと使い込んでく相棒として大切にしていきたいと思ってます。

 

褒めてばっかりですね。
今まで使った限りでは満足しているから仕方ないのですが、褒めてばかりでは参考にならないかもしれませんので、気になる所と言えば、やはりそれなりに重みがある点ですが、軽ければ逆に弱くなるのでしょうからこれは我慢できます。
しかしその重さからポケットに入れて持ち歩くのには向かず、付属品の腰ベルトにつける収納用の革ケースのデザインが私にはしっくり来てないので、自分用に作ろうかと思っています。
個人的にあまりベルトをしないのと、身につけるならやたらとこだわりたい性分なので、今はウエストバックに裸で入れています。デザインが思いつき次第作ってみたいと思っている所です。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

imomarket  workshop studio & gallery
http://imomarket.jp

 

 

© 2015 Leatherman Tool Japan LTJ. Privacy and Security.