多機能サバイバルナイフはアウトドアや防災面でも便利!サバイバルナイフは銃刀法違反になる?

  1. 多機能サバイバルナイフはアウトドアや防災面でも便利!サバイバルナイフは銃刀法違反になる?

サバイバルナイフは、アウトドアシーンはもちろん、防災目的でも活用できる便利なアイテムです。しかし、ナイフ類を持ち歩くにあたって気になるのは法律のこと。カッターナイフを持ち歩いていただけで逮捕されたというケースもあるため、サバイバルナイフを持ち歩くときには十分な注意が必要です。

法律に違反せずサバイバルナイフを使うためには、どのようなポイントに配慮すべきなのか確認しておきましょう。

ここでは、多機能サバイバルナイフをはじめとしたアウトドアアイテムを販売するレザーマンツールジャパンが、法律の考え方や刃物の種類について解説いたします。

サバイバルナイフは銃刀法違反になるのか?

Swords Act

銃刀法違反とは正式には「銃砲刀剣類所持等取締法」のことで、銃や刃物を正当な理由なく持ち歩くことを禁じる法律です。銃や刃物は人を傷つけることがある危険なツールなので、法律によって規制されているのです。

刃渡り6cmを超える刃物を携帯した場合、逮捕されるリスクもあるので注意しましょう。銃刀法違反で逮捕された場合には2年以下の懲役か30万円以下の罰金が科せられます。

刃渡りが6cm以下であっても、軽犯罪法違反になる可能性があります。

しかし、刃物が必要な日常のシーンはかなり多いものです。特に、料理をするときには包丁が必要不可欠です。自宅に置いてある刃物は生活をする上での必需品と判断されるため、所持は禁止されていません。しかし、正当な理由なく刃物を持ち歩くことは禁じられているため、自宅にある包丁やナイフをむやみに持ち歩いてはいけません。

刃物を所持する正当な理由には、仕事での使用、釣りやキャンプのため、または購入した帰り道などが該当します。アウトドアに使う最中や道中で、適切な管理ができていれば法には触れません。

ただし、正当な理由があっても持ち運び中にすぐに使える状態になっていると違反となります。使わないときは道具箱やケースにしまっておきましょう。

レザーマンツールジャパンでは、防災やアウトドアに活用できる多機能サバイバルナイフを販売しています。便利に活用できるナイフをお探しの方は、レザーマンツールジャパンの商品サイトをご覧ください。

法律からみる刃物の種類

Types of cutlery as seen by law

刃物には包丁(キッチンナイフ)やアウトドアナイフ、折りたたみナイフ、さらに日本刀や薙刀といったものまで様々な種類があります。これらの刃物は法律的には以下の3つに分けられます。

1.許可があれば所持が認められる刃物

刃物のうち、日本刀や槍、薙刀といった種類のものは許可があれば持ち歩くことが可能です。これらの刃物は、登録証とセットで持ち歩くことが義務付けられています。

2.所持しているだけで銃刀法違反となる刃物

持ち歩きだけでなく所持自体が禁止されている刃物もあります。登録証のない日本刀や槍、薙刀のほか、バタフライナイフ、飛び出しナイフや銃剣がこれに該当します。これらは持ち歩きだけでなく自宅への保管もできないので十分注意しましょう。

3.一般の刃物

上記でご紹介したもの以外の刃物は一般の刃物に分類されます。所持することは認められていますが、持ち歩くときには正当な理由が必要です。正当な理由がない場合には、カッターナイフをカバンに入れているだけでも銃刀法違反となることがあります。

キャンプやサバイバルには切れ味の良い多機能ナイフが必要不可欠です。アウトドア目的の多機能ナイフをお求めの方は、レザーマンツールジャパンのサイトをチェックしてみてください。

多機能サバイバルナイフをお求めなら!防災やアウトドアに便利

サバイバルナイフはアウトドアに最適ですし、防災目的にも活用できます。しかし、正当な理由なく持ち歩いた場合、銃刀法違反に該当する可能性があるので十分注意しましょう。

持ち歩くときには道具箱に入れ、使わないときには自宅に保管するなど慎重に取り扱うことが肝心です。

キャンプなどアウトドアシーンで活用できる多機能サバイバルナイフをお探しなら、レザーマンツールジャパンでお探しください。レザーマンツールジャパンでは、防災やアウトドアに便利に使える多機能サバイバルナイフをはじめとしたアイテムを販売しています。

コラム一覧

  1. プライヤー付きマルチツールの有名ブランド「レザーマン」!機能性に優れたマルチツール
  2. プライヤー付きマルチツールのおすすめ・人気ブランド!メインツールの選び方 保証付きの商品をご用意
  3. 多機能サバイバルナイフの正しい使い方・メンテナンスの方法を紹介 小型のサバイバルナイフなら
  4. 多機能サバイバルナイフはアウトドアや防災面でも便利!サバイバルナイフは銃刀法違反になる?
  5. ナイフレスのマルチツールなら!マルチツールの選び方4選!ドライバーなどDIYに便利なツールも
  6. ナイフレスのマルチツールも種類豊富にご用意!レザーマンツールジャパンで評判の商品をご紹介
  7. 多機能ナイフの使い方を解説!初心者におすすめのナイフとは?口コミで人気のアイテムをお探しなら
  8. 多機能ナイフの使い方を動画でもご紹介!キャンプなどアウトドア用に選ぶ際のポイント
  9. 十徳ナイフはキャンプや海外旅行でも便利!缶切り・ドライバーなど多機能のツールナイフは機内持ち込みに注意
  10. 十徳ナイフはキャンプ以外にも軽量・小型で便利に使える!ナイフは機内持ち込み不可?注意点をご紹介
  11. サバイバルナイフを防災グッズにするならレザーマンツール!必要な機能を備えたマルチツールなら普段使いも可能
  12. 【防災】サバイバルナイフ・懐中電灯・マスク・ペンチ・缶切りなど…災害時に必要な道具 多機能なマルチツールは災害時に役立つ!

多機能サバイバルナイフはアウトドアや防災目的など、フレキシブルに活用できます!

会社名 レザーマンツールジャパン株式会社
代表者 渡邉 隆久
取締役 TIM LEATHERMAN
設立 1986年10月1日
資本金 1,000万円
住所 〒501-3217 岐阜県関市下有知5178
TEL 0575-23-5103
FAX 0575-22-2347
メールアドレス info@leatherman-japan.com
URL https://www.leatherman-japan.com
事業内容 LEATHERMAN製品の輸入販売事業、およびアフターサービス