LEDLENSER

消費税率引き上げならびにオンラインショップ休業に関するお知らせ

モニターレポート

  1. 五大陸横断3

五大陸横断3

2010年8月3日、上海出発580日目、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に到着。
翌4日にリスボンに到着、ユーラシア大陸徒歩横断を終えることが出来ました。

8月3日ユーラシア大陸最西端ロカ岬に到着

8月4日リスボンで

氷点下、吹雪の中、あるいは標高3,000メートルの山を越えたり、 延々と続く無人地帯の中を歩いたり、ロカ岬までの16,000キロは決して楽なものではありませんでした。
無人地帯、山中での歩行時、何らかのトラブルが生じ、助けを呼ぶことが出来ない事を想定しいざという時のために携行していた WAVE。
カザフスタンの無人の荒野で何度か車軸のトラブルに見舞われました。
周囲に何もなく、誰もいないという環境下でのトラブル。
絶望を感じ、途方に暮れる事もありましたが、その都度WAVEを取り出し、無人の荒野でトラブルに対処しました。

無人の荒野で車軸の壊れたリヤカー

WAVEの出番が少なければ少ない程、旅が円滑に進んでいることを示すわけで、当然その方が良いわけですげ、残念ながら無人地帯ではWAVEは大活躍。
頑丈なプライヤー、ドライバーなどWAVEの持つ機能には何度も助けられました。

缶切りの使用時

WAVEとレザーマンナイフ

余談ではありますが、歩行中に出会ったフィンランドから車で日本を目指しているフィンランド人もWAVEを携帯しているのを見て、改めてWAVE、レザーマン製品が過酷な旅をする人達から支持されている事を実感しました。
また、現地で出会った人からは「そのツールはどこのものだ?自分のものと交換してくれ」と言われたり、私にとっても必要不可欠なものなので手放す事はしませんでしたが、多くの機能を持つWAVEは現地の方から見ても魅力的なツールなのだと思います。

今後もまたWAVEと共に北米を歩く予定です。

吉田正仁

ここまでのユーラシア大陸徒歩旅行の詳細は下記をご覧ください。
http://alkinist.blog111.fc2.com/